江田島で進めたい英語関係のイベント

更新日:2021年6月29日

覚書程度に羅列しますー。


1. 保護者と児童を対象にした「読む英語力」を伸ばすための英語クラブ。

  (Jolly Phonicsを取り入れる)

  これはもうすぐ開始する。TECSOLも修了したから。

  今月中にJ-SHINE(小学校英語認定指導者資格)もとれる予定。

  私は50時間の実績がないから「準」がつくけども。


2. 江田島の施設(青年の家とか?)で、イングリッシュキャンプ。

  やっぱ2泊3日か、1週間から2週間とかでやりたいよね。

  英語ネイティブの先生と、英語に自信あり又は自身の実力研磨のためとかのボラン

  ティア(日本人)で構成して、年2回ぐらいはしたいかな。

  できれば市を挙げて、英語育成には力を入れたい。

  

  ボーイスカウトやガールスカウトのような生活の知恵もかねてのキャンプ。


3. 書いているうちにもう一個忘れた。



このほか、英語で面白い取り組みあったら教えてください。

特に児童英語教育には積極的に動きたいです。

(わが子を加えるという、邪な気持ちがありますが、その分本気でやりますよ!)




※ TECSOL(Teaching English to Child Speakers of Other Languages)

  英語を母国語としない子供たちのための児童英語教授法。

  英語が第2言語となる4歳から12歳を対象に英語を教えるためのもの。

  TESOLという一般を対象にした教授法の間に”C=Child(子ども)”が入っている。

  ネット上でよく「資格」と書かれているが、正確には、これは教授法を勉強するもので

  あり、資格ではない。各語学学校などの勉強機関でTECSOLを学んだ後、コース修了証

  などが交付される。

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示